よくある質問

  XPUMPのバッテリー使用時間は?
フル充電のXPUMPは6時間~8時間使用可能です。フル充電までにかかる時間は約1時間30分です。 LEDランプ表示 赤:電源OFF充電中、充電完了で消灯 ピンク:使用しながら充電 赤点滅:電池残量少
  XPUMPは他のアンプに接続できますか?
音源をXPUMPにつなげた後、アンプに接続することができます。
  XPUMPの保証期間は?
XPUMP本体はご購入日より1年間です。本体以外のケーブルや付属品は初期不良の場合は交換、以降は消耗品の為、保証対象に入りません。お問い合わせは次のメールフォームよりお送りください。http://www.archisite.co.jp/inquiry/xround/
  XPUMPはBluetooth機器に使用できますか?
XPUMPにBluetooth機能はありませんが、3.5mmプラグ対応のBluetoothレシーバーに接続してご使用いただけます。 Bluetoothレシーバー → XPUMP → ヘッドホンやスピーカー の順に接続してください。
  XPUMPにオススメのスピーカーやヘッドホンはありますか?
XPUMPはどんなスピーカーやヘッドホンにも使用できますが、モニタースピーカーやモニターヘッドホンの様に音源をできるだけ忠実に再現するものがオススメです。また約1万円ぐらいからの中価格帯以上の製品ですと効果が分かりやすいとの評価があります。
  XPUMPはカーオーディオに接続出来ますか?
車に3.5AUX INがあれば接続できます。XPUMPの愛用者がBMW Z4にXPUMPを使用したところ効果を感じられたとのことです。
  XPUMPはDACですか?それともアンプ、イコライザですか?
XPUMPはオーティオサラウンドプロセッサです。DAC、アンプ、イコライザではありませんが、DACやアンプに接続することは可能です。
  XPUMPはマイク付のヘッドホンやイヤホンに使用できますか?
XPUMPはいま現在マイク付きのヘッドホンやイヤホン(4極)には対応していません。接続した場合、XPUMPでサラウンド処理された音声を聞くことは可能ですが、マイクで音を拾うことはできません。スマートフォンのマイクが直接音声を拾う場合はあります。
  XPUMPはLightningケーブルからUSB変換された音声のデジタル入力は可能ですか?
可能ですが、ノイズが入る場合があります。
  XPUMPを使用するとノイズが入る
ノイズの種類にもよりますが、例えばスタジオレコーディングされた音楽等は、XPUMPのサラウンド処理により、一部の周波数がピークを超えノイズのように聴こえる場合があります。再生機器のボリュームは30%~70%に設定し、スピーカー本体のボリュームや、XPUMP本体のボリュームを調整してください。ノイズが軽減される場合があります。
  USBで音声を入力している際、充電はされますか?
PCやゲーム機でUSBデジタル音声を入力している際、同時に充電もされます。
  XPUMPとパソコンをUSB接続した場合、自動的にXPUMPから音が出力されますか?
基本的にXPUMPから自動的に音が出力されますが、パソコンによってはパソコン側で音を出力するデバイスを指定する必要があります。Windows10の場合、デスクトップ右下のスピーカーマークを右クリックし、再生デバイスからXPUMPを選択してください。
  音が出ない
XPUMPの電源は入っていますか?側面のスライドスイッチが中央の場合は電源がOFFです。左右にスライドしてスピーカーモードかヘッドホンモードを選択してください。また、十分に充電またはUSBで充電しながらご使用ください。
  音が時々出ない
ケーブルはしっかり接続されていますか?XPUMPの電源がONで音がでない場合、ケーブルの不良も考えられます。もし可能であればお手持ちのケーブルでお試しください。
  効果がイマイチ
XPUMPは再生する音源や、使用するヘッドホンやスピーカーにより効果の感じ方に大きな差が出ます。スタジオレコーディングの音楽よりライブ音源や映画など、臨場音が入っている音源に適しています。また、イヤホン<ヘッドホン<スピーカーで効果が分かりやすく、また、音源を忠実に再生する性能の良い製品で効果が感じられやすいと評価されています。
  私のXPUMPにはPremiumというロゴが入っていますが、同じ製品でしょうか?
新ロットから本体に”Premium”ロゴが入りましたが、仕様に変更はございません。海外でUSBデジタル入力非対応の旧製品と区別するために追加されました。

マニュアルのダウンロード

XPUMP操作手冊 XPUMP DM